チャイルド・ケモハウスを訪問

Pocket

12月2日のチャリティー・コンサートにご参加いただいた皆様から頂戴したご寄付を、「芦屋緩和ケアボランティアチーム」の佐々木恵子代表とともに、寄付先一つである「チャイルド・ケモハウス」を訪問し、楠木院長にお渡しして参りました。

写真後ろの壁にある「チャイケモすごろく」の中に私達の名前も入れてくださるそうです^^

楠木院長がたいへん意義深い活動をされておられることを知り、またぜひとも同趣のイベントを開催したいと心を新たにしています^^

ご協力いただきました皆様には、今後も宜しくご協力のほど、お願い申し上げますm(__)m

Pocket

コンサートをはしご!

Pocket

先日、当倶楽部で開催されたトータルヘルススクールの一環で、“音研究会” を主宰する米国在住の古佐小基史*さんが帰国されており、三重県津市の本部でスクール&コンサートを開講されると伺って、早朝から車を駆って一路、津に向かいました。

この日は来月23日に当倶楽部でのコンサートを予定しているオトザイサトコさんのライブがあるにもかかわらず、無理をして参加してきたのですが、ちょうど音楽をテーマにしている最中でもあり大変興味深いお話を拝聴することができました。

古佐小ハープと井上ヴァイオリンの即興合奏も参加者の方々に喜んでいただけたようで何よりでした^^

その足で津から大阪市内へ向かい、なんとか南堀江Knaveで行われたライブに間に合ってオトザイさんの歌声を堪能することができました。

今週の金曜日に開催される『優しい時間』には、オトザイサトコさんの飛び入り参加も決定!もしかしたら生歌をご披露していただけるかも^^

お時間の許す方はぜひ、ご参加くださいませ♪


古佐小基史*

-写真-公式サイトより

*1971年に愛媛県松山市に生まれる。3歳からピアノを学びながら愛光中学、高校では柔道部に所属し、キャプテンも務めて中予地区では個人戦ベスト4の成績を残す。またエレキギターを演奏してロックバンドで活躍する。東京大学医学部に入学してからはジャズ研究会に所属し、いくつかのプロバンドでギターを演奏。スイングジャーナル誌では「最も注目すべき若手ジャズギタリスト」として紹介される。卒業後、同大学付属病院精神神経科に1年間勤務したが満足感が得られず、人生をやり直そうと1997年に渡米。
渡米後にジャズ・ギタリストとしての限界を感じてクラシックギターに専念している1999年ハープに出会い、構造や音色が自分の音楽性に合っていることに気づき、ハープにのめりこんでほとんど独学で演奏技術を習得し、カリフォルニア州サクラメント周辺のアマチュアオーケストラでハープを弾く。2005年よりストックトン交響楽団の第2奏者に就任し、翌2006年のシーズンからは主席奏者に抜擢される。2002年と2003年にクラシックのソロCD”Celestial Harp Ⅰ” “Celestial Harp Ⅱ”をリリース。また同時にジャズ・ギタリストの経験と知識をハープ演奏に活かしてジャズでライブ活動をはじめ、2004年にはサンフランシスコのKMTPテレビに出演する。2007年8月に、ユタ州ソルトレークシティーで3年に一度行われる Lyon-Healy Jazz & Pop Harp Competition において日本人としては初めてペダルハープ部門で二位に入賞する。アドリブの技術が高く評価され、アメリカのハープ専門誌「ハープコラム」では「ジャズピアニストのキース・ジャレットを思わせる内省的なアドリブで特筆に価する。」との評価を受ける。2008年にベース、ドラムスを加えたハープトリオで、全曲オリジナルのジャズCD”Naked Wonder”をリリース。また主席ハーピストを勤めるストックトン交響楽団とジャズハープのコラボレーションも実現し、各地で精力的に活動している。今後の目標は「ジャズハープの認識を一般に広めるために演奏の機会を増やし、ジャズの音楽シーンに影響を与えるレベルにまでジャズハープを発展させること。現在カリフルニア州サクラメント在住。

Pocket

台風21号の爪痕

Pocket

プチ音楽コンサート「投票に行こう!」が開催された日の夜、テレビで仲間の候補者たちの開票速報を見守りながら、これまでに経験したことのないような暴風雨をやり過ごしていました。

翌日、山荘のデッキスペースはもとより、お気に入りの小野公園に行ってみると、驚くほど数多くの大木がなぎ倒されているではありませんか( ゜o゜)

なんとも痛ましい光景でした…

報道によれば、三田ではこれまでの最大瞬間風速を記録したんだそうです(@_@)

この度の台風で被害に遭われた方々に心よりお見舞い申し上げます。

Pocket

死なない食事

Pocket

なかなかコンスタントな投稿が苦手で、前回の投稿から少しあいてしまいました😓

スタッフの井上です♪

先日、買わずにはいられない本に出会いました。

 

私は、母の末期ガン宣告を受けて、母のことを人任せにすることに、とても抵抗があり、自分たちで納得した治療や生活をしていきたいと感じました。

もちろんその為にはいろんな方のお話を聞いたり、本を読んだりと、、。

その中で基本的にずっと大切にしてきたのは『食』でした。

良くも悪くも私の家族は食べることが大好きで、とても貪欲なので、なかなか一筋縄ではいかなかったのが現実ですが。。

私は昔から、自分自身のアトピーで苦しんだこともあり、前々から食には気をつけてきた方でしたが、母の余命を切られてからというもの、本気で食について勉強し始めました。

すると、驚いたことにアトピーでだめだと思っていた食材のほとんどが、ガンでもだめだという事を知りました。

以来、身体に美味しく、味ももちろん美味しく、ということをテーマに研究を続けています😛

この本を読んで「私のやって来たことは間違っていなかったんだなぁ」となんだかホッとしました。

この方は、本当に徹底されていて、末期ガン宣告から10年以上ガンと共存されているそうです。

私自身の経験も含め、食の大切さを痛感します。

今後も私なりに食について研究していきたいと改めて感じました♪

それと同時に、私のやっていることが誰かの役に立てる日が来たらなあと思ったりも…😊😊

 

Pocket

人気店巡り

Pocket

台風18号の影響で三連休を有意義に過ごせなかった方々も数多くいらっしゃるかもしれません。

罹災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。

三田山荘も相当な暴風雨に見舞われましたが、大した被害もなく、少し時間に余裕も生まれた為、当初の予定を変更して、三田近郊の人気店を巡ることにしました。

お菓子や食パンを販売しているお店、蕎麦専門店やドッグカフェ、はたまた、ハーブやブルーベリーを扱っているお店等々、台風の接近等で臨時休業されているところもありましたが、どの人気店に立ち寄っても共通していたのはお店の “コンセプト” がはっきりしているということでした。

倶楽部『凜』が主宰するイベントもまだまだ試行錯誤が続いていますが、目指すべき方向をより明確にしていく必要があるということを再認識させられる、とても有意義な時間になりました。

今後のイベント等にもぜひ反映させていきたいと思います。

Pocket